深沢の家


深沢の家 
住宅 / 新築
木造 / 3階建て / 東京都世田谷区 / 2017
構造設計:ASD 田畠隆志 / 設備設計:株式会社創環境設計 波田野善政 / 施工:柏倉建設株式会社

< 暮らしと詩情のポリフォニー >
込み入った住宅地のその奥の、小さな敷地に建てられた木造三階建て住宅。厳しい与条件に適切に対応しながら、それらは詩的な要素へと変換される。暮らしと詩情によるポリフォニーが聞こえてくるような、親密な存在としての家。


旗竿地に建つ木造3階建て住宅:深沢の家,外観 小形 徹 * 小形 祐美子プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所の設計
東京都内の新しい住宅と旧来の住宅が密集して建つ地域に立地する、小さな旗竿地に建設した木造3階建て住宅です。隣の住宅との隙間は、人が通り抜けるのもやっとな程度。斜線制限および日影規制に従っているため、北側は二階分、南側は三階分の高さになっています。真北方向が敷地に対して少し振れているため、北側および北西側二方向の斜線制限によって建物はスライスされ、そのスライス面がそのまま屋根に、そして天井になりました。

厳しい制限条件を克服し、快適な居住環境を得るために、二階のリビングダイニングキッチンと三階の子供室と階段を一つの室内環境として設定しています。これらの部屋は大きな開口でつながっており、天井の高い空間に屋根裏のような小さな部屋がついている、という印象です。

空に開いた三階南側の窓からの陽光が、大きな開口をとおして、二階北側のリビングダイニングキッチンへ届けられます。高さと方位の異なる窓は心地良い風を室内に導きます。二階と屋根裏のような三階との間は、必要に応じて木製の引戸で仕切ることもできます。壁面および屋根の断熱性能は、高性能な充填断熱とし、熱損失をできるだけ生じないように設計しました。

この家が醸し出す雰囲気は、路地や小径、その先にある開けた中庭や街角を、気軽に散策するような感覚に近いかもしれません。心が自由に広がっていく様々なきっかけが家のなかにあり、それをたよりにここで暮らすひとそれぞれの気持が生き生きとしていきます。場所やそこで起る出来事をお互いに共有しつつ、同時に、それぞれが持つ異なる時間や気持も尊重される、そんな暮らしをこの家が導きます。

刻々と移り変わる光、それによってつくられる陰影、造作された家具やディティールの表情が、そこで暮らす家族一人ひとりを、それぞれの「いつかどこかで見た風景」へといざないます。家それ自体は、かれらにとって親密な存在でありたい、と考えています。


< 場面 >

旗竿地に建つ木造3階建て住宅:深沢の家,洗面コーナー 小形 徹 * 小形 祐美子プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所の設計
噴水:
一階玄関ホールの一角を洗面コーナーと浴室の脱衣スペースとし、これを必要に応じてカーテンで間仕切ります。路傍の小さな噴水のようにもみえてきます。

旗竿地に建つ木造3階建て住宅:深沢の家,北側の窓 小形 徹 * 小形 祐美子プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所の設計旗竿地に建つ木造3階建て住宅:深沢の家,ピンク色の壁 小形 徹 * 小形 祐美子プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所の設計
一階の自然光窓:
建物の周囲には隣の住宅が接近しています。そのため一階に設けた二つの室では自然光の確保を注意深く行なう必要がありました。一方の室では壁を外側に斜め押し出し、そこにスリット窓を設けています。こうすることで隣接する住宅の窓と干渉せずに光を採り入れることを可能にしました。もう一方の室では、隣接するふたつの住宅の間の隙間に向かって窓の位置がくるように調整を行ないました。


旗竿地に建つ木造3階建て住宅:深沢の家,階段 小形 徹 * 小形 祐美子プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所の設計
旗竿地に建つ木造3階建て住宅:深沢の家,階段 小形 徹 * 小形 祐美子プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所の設計 旗竿地に建つ木造3階建て住宅:深沢の家,階段 小形 徹 * 小形 祐美子プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所の設計 旗竿地に建つ木造3階建て住宅:深沢の家,階段 小形 徹 * 小形 祐美子プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所の設計
洞窟:
階段は、光に向かって昇っていく洞窟、あるいは胎内めぐりのような雰囲気です。手触りのよい手摺は雲杉のムク材で造作しました。少しずつ手に馴染んでゆき、そして深い色合いになっていくでしょう。


旗竿地に建つ木造3階建て住宅:深沢の家,LDK,トップライト 小形 徹 * 小形 祐美子プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所の設計
旗竿地に建つ木造3階建て住宅:深沢の家,LDK,窓,トップライト 小形 徹 * 小形 祐美子プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所の設計
傾斜天井:
斜線制限に沿って吹抜けの天井は傾斜し、西側の壁面はわずかに内側に傾いています。

抱きの深い天窓:
ガラス自体はそれほど大きくはありません。しかし、抱きの部分に角度をつけて、その幅を広くすることにより、室内に入ってくる光量を大きくしています。この方法は中世ヨーロッパの修道院などの開口部で用いられた手法でもあります。

旗竿地に建つ木造3階建て住宅:深沢の家,LDK,光 小形 徹 * 小形 祐美子プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所の設計

旗竿地に建つ木造3階建て住宅:深沢の家,高窓,光 小形 徹 * 小形 祐美子プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所の設計 旗竿地に建つ木造3階建て住宅:深沢の家,高窓,光 小形 徹 * 小形 祐美子プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所の設計旗竿地に建つ木造3階建て住宅:深沢の家,高窓,光 小形 徹 * 小形 祐美子プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所の設計

十字型:
高窓のような十字型の木製枠から様々な表情の光が室内に差し込みます。リビング・ダイニングと階段との間に設けた十字型の木製枠スクリーンは、法令上の防煙区画の形成も担っています。

思い出:
室内に張り出した天井、それを支える二本の柱、子供室とつながる開口部、階段との間にある窓枠のような十字型、そして抱きの深い天窓、これらが光と影の中で息づきはじめるとき、それらはいつの間にか、どこかの路地や中庭から見上げた建物の一部として、あるいはいつか訪ねたことのある場所の記憶として、面影を現し始めます。


旗竿地に建つ木造3階建て住宅:深沢の家,造作した木製キッチン, 小形 徹 * 小形 祐美子プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所の設計
旗竿地に建つ木造3階建て住宅:深沢の家,造作した木製キッチン, 小形 徹 * 小形 祐美子プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所の設計旗竿地に建つ木造3階建て住宅:深沢の家,造作した木製キッチン, 小形 徹 * 小形 祐美子プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所の設計旗竿地に建つ木造3階建て住宅:深沢の家,造作した木製キッチン, 小形 徹 * 小形 祐美子プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所の設計
キッチン:
東側壁面に設けた全長4Mのキッチンは、調理器具や食器・カトラリーなどをすべて収納することができる長いカウンターと戸棚で構成された造作家具として設計されました。その柔らかな表情は、丸い木製取手の繰り返しによって、ちょっとユーモラスでさえあります。含み豊かな灰色のタイルの表情と共に、このキッチンは親密さというマチエールを空間に加えています。


旗竿地に建つ木造3階建て住宅:深沢の家,階段,ベンチ,読書コーナー, 小形 徹 * 小形 祐美子プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所の設計
旗竿地に建つ木造3階建て住宅:深沢の家,階段,リビングから, 小形 徹 * 小形 祐美子プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所の設計旗竿地に建つ木造3階建て住宅:深沢の家,階段,ベンチ,読書コーナー, 小形 徹 * 小形 祐美子プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所の設計旗竿地に建つ木造3階建て住宅:深沢の家,階段,ベンチ,読書コーナー, 小形 徹 * 小形 祐美子プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所の設計旗竿地に建つ木造3階建て住宅:深沢の家,階段,ベンチ,読書コーナー, 小形 徹 * 小形 祐美子プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所の設計
ベンチ:
二階から三階への階段の途中に、小さなベンチを設えました。上り下りの途中でちょっと腰掛けて本を読むことができ、すっと身を寄せることができる小さな場所です。通りの一角の片隅に腰掛けて道行く人を眺める、街とも繋がりながら同時に自分ひとりの時間もそこにある、そんな場所にも似た心地よさが、このベンチにもあります。

庭:
十字型の木製枠スクリーンの前には小さな水平の床があります。構造計画上三階の水平剛性を確保するために必要になった水平面です。そこが壁にもたれて昼寝をしたり本を読んだりするのにちょうど良いスペースになりました。あるいは植物を置いて楽しむのもよいかもしれない、小さな「庭」のような余白です。


旗竿地に建つ木造3階建て住宅:深沢の家,屋根裏,子供室, 小形 徹 * 小形 祐美子プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所の設計
旗竿地に建つ木造3階建て住宅:深沢の家,屋根裏,子供室, 小形 徹 * 小形 祐美子プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所の設計
旗竿地に建つ木造3階建て住宅:深沢の家,屋根裏,子供室, 小形 徹 * 小形 祐美子プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所の設計旗竿地に建つ木造3階建て住宅:深沢の家,屋根裏,子供室, 小形 徹 * 小形 祐美子プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所の設計
屋根裏部屋:
三階の子供室は、斜線制限と日影制限による傾斜した屋根の形状がそのまま現れた、屋根裏のような空間です。南側の高窓からの光が、子供室を介してリビングダイニングキッチンへ届けられてゆきます。


旗竿地に建つ木造3階建て住宅:深沢の家,外観, 小形 徹 * 小形 祐美子プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所の設計

世界中の国々で読まれている住まいとインテリアのサイト、
Homifyの日本語ページにて、この深沢の家が紹介されています。
よろしければあわせてご覧下さい。


深沢の家の計画プロセス 


プロジェクトに戻る


小形 徹 * 小形 祐美子 プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所
神奈川県 横須賀市 ハイランド 5-20-4 〒239-0833 TEL+FAX 046-848-2081
http://www006.upp.so-net.ne.jp/prospect-web/ E-mail:cottage@rf7.so-net.ne.jp